ページの先頭です。

6つのスキップメニューです。
このページの本文へ
カテゴリメニューへ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
このサイトのご利用について
ホームへ

関連団体および資産

EU 情報センター

1963 年以来、世界中に約500 のEU 情報センター(European Info=EUi、旧EU 資料センター)と100 の寄託図書館が欧州委員会によって設置されてきた。日本国内には19 の大学にEUi、国立国会図書館に寄託図書館が設置されている。

欧州連合 - EU情報センター(EU i) ウェブサイトへ

ジャン・モネCOE センター

ジャン・モネEU 研究センター(Jean Monnet Centre of Excellence)。慶應義塾大学がEU から日本の高等教育機関として初めてジャン・モネCOE に認定されたことを受け、2007 年に設立された研究センター。EU 統合に関わる各種研究の拠点として機能。

慶應ジャン・モネEU研究センター ウェブサイトへ

 

EUIJ 東京コンソーシアム

EU Institute in Japan 東京コンソーシアム。日本におけるEU 研究のための学術拠点。欧州委員会から補助金を受けて設立された。現在、東京にある一橋大学、国際基督教大学、東京外国語大学、津田塾大学の4つの大学から成るコンソーシアムにより運営されている。

EUIJ 東京コンソーシアム ウェブサイトへ

駐日欧州連合代表部

日本において欧州連合を代表。1974 年設立。代表部は外交使節団の地位を全面的に享受しており、駐日欧州連合代表部代表は1990 年以来、天皇に信任状を提出し、大使の地位を認められている。

欧州連合 - EU - 駐日欧州連合代表 ウェブサイトへ

 

21世紀COE「ヨーロッパの革新的研究拠点」

「大学の構造改革の方針」に基づき、平成14年度から文部科学省の事業として措置されたプログラム。ヨーロッパにおける「衝突と和解」に焦点を当て、正しい戦争、和解と寛容、戦争の記憶などの問題について研究を進めている。

21世紀COE「ヨーロッパの革新的研究拠点」 ウェブサイトへ

欧州委員会教育・文化総局

EU 市民の教育・職業訓練・生涯学習を支援することを任務のひとつとする。対外的には、「ジャン・モネ・プログラム」、EU と世界の大学院レベルの交換留学を推進する「エラスムス・ムンドュス・プログラム」を展開。

欧州委員会教育・文化総局 ウェブサイトへ

 

EUSI in Tokyo

EU Studies Institute in Tokyo。新たなEU センターとして欧州委員会に認定され、EU の補助金により2008 年12 月、一橋大学・慶應義塾大学・津田塾大学のコンソーシアムにより設立された。日本におけるEU 教育研究諸機関のハブ構築を目指す。

EUSI in Tokyo ウェブサイトへ

欧州委員会対外関係総局

日EU 関係を含む、EU の対外政策を担当。国際社会におけるEU の存在を顕示するとともに、全世界でEU に対する理解を促進するための「EU センター・プロジェクト」を実施し、日本においては、EUIJ、EUSI 等が採択された。

欧州委員会対外関係総局 ウェブサイトへ

 

ジャン・モネ・チェア

世界中の大学で欧州統合に関する理解を深め、研究を促進するために、欧州委員会が1990 年に始めた「ジャン・モネ・プログラム」の寄附講座。大学での教育活動を支援するために創設された。
日本のジャン・モネ・チェアホルダー4 名のうちの2 名が慶應義塾大学に在職する。

欧州連合 - ジャン・モネ・アクション ウェブサイトへ

 
 

この事業について

目的(ねらい)

背景(経緯)

実施計画

事業概念図

関連団体および資産