ページの先頭です。

6つのスキップメニューです。
このページの本文へ
カテゴリメニューへ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
このサイトのご利用について
ホームへ

2009年07月15日 【セミナー・シンポジウム・講座】

国際シンポジウム「The EU and the Global Economic Governance」(EUとグローバル経済ガバナンス)開催のご案内 (※終了しました)

この度、慶應ジャン・モネEU研究センターは、本事業(一橋大学・慶應義塾大学戦略的大学連携支援事業)及び慶應義塾大学GCOE「市民社会におけるガバナンスの教育研究拠点」と共催で、国際シンポジウム「The EU and the Global Economic Governance」(EUとグローバル経済ガバナンス)を開催する運びとなりました。

昨年9月のグローバル金融危機の発生を契機として、国際金融システムの監視体制の強化や、WTOドーハラウンドの早期決着等を通じた、グローバルな経済ガバナンスの強化が国際社会の急務となっています。このような状況において、世界最大の単一市場とユーロ圏を擁し、アメリカに匹敵する経済パワーであるEUの動向と役割は、ガバナンスの行方を左右する重要なファクターです。
本シンポジウムでは、貿易、金融、EUアジア経済関係の観点から、EUとグローバル経済ガバナンスの関わりについて検討いたします。


「The EU and the Global Economic Governance」


主催: 慶應ジャン・モネEU研究センター
共催: 一橋大学・慶應義塾大学戦略的大学連携支援事業
    慶應義塾大学GCOE「市民社会におけるガバナンスの教育研究拠点」


日時: 2009年7月25日(土) 13:30-17:30
場所: 慶應義塾大学三田キャンパス 東館8階会議場
     http://www.keio.ac.jp/access.html
言語: 英語


13:30-13:40 開会挨拶
          庄司克宏 慶應ジャン・モネEU研究センター所長

13:40-14:30 セッション1 
 「Europe and the Management of Globalization」
  報告: ソフィー・メイニエ (プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクール研究員)
  司会・討論: 臼井陽一郎 (新潟国際情報大学教授)
  質疑応答

14:35-15:25 セッション2 
 「Institutional Power and Restraint for Leadership: The EU in the Global Trade Negotiations」
  報告: 明田ゆかり (慶應義塾大学講師)
  司会・討論: 舒旻 (早稲田大学准教授)
  質疑応答

15:25-15:40 コーヒー・ティーブレイク

15:40-16:30 セッション3 
 「The Global Financial Crisis: The EU and Japan」
  報告: 嘉治佐保子 (慶應義塾大学教授)
  司会・討論: 小川英治 (一橋大学教授)
  質疑応答

16:35-17:25 セッション4 
 「The European Union and the Integration of South East Asia」
  報告: Alfredo C. Robles, Jr. (デ・ラ・サール大学教授)
  司会・討論: 福島安紀子 (国際交流基金シニア・フェロー)
  質疑応答

17:25-17:30 閉会挨拶
          田中俊郎 慶應義塾教授・EUSI所長

17:50- 懇親会(学外にて)