ページの先頭です。

6つのスキップメニューです。
このページの本文へ
カテゴリメニューへ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
このサイトのご利用について
ホームへ

2009年12月18日 【おしらせ,セミナー・シンポジウム・講座,メディア情報】

「EU共同大学院プレセミナー」ティルマン・レプゲン教授連続講演が『一橋法学』に掲載されました

 本年(2009年)3月24日および27日に本事業において開催しました『「EU共同大学院プレセミナー」ティルマン・レプゲン教授連続講演』の内容が、2009年11月刊行の『一橋法学』08巻3号(一橋大学大学院法学研究科 発行)に掲載されました。掲載内容は、プレセミナーの司会・通訳を務められた屋敷二郎准教授による総括、レプゲン教授による両日の講演となっております。

 『一橋法学』のオンライン版は、一橋大学機関リポジトリHERMES-IRよりダウンロードいただけます。下記の各タイトルをクリックして、HERMES-IRのダウンロードページをご覧ください。

●プレセミナーの総括
「EU共同大学院プレセミナー」ティルマン・レプゲン教授連続講演 : 「私法の弔鐘が聞こえる : EU差別禁止規則をめぐって」「ヨーロッパ私法の過去と現在における自由と責任」
屋敷 二郎 著

●3月24日の講演内容
「私法の弔鐘が聞こえる : EU差別禁止規則をめぐって」
ティルマン・レプゲン 著/屋敷 二郎 訳

●3月27日の講演内容
「ヨーロッパ私法の過去と現在における自由と責任」
ティルマン・レプゲン 著/屋敷 二郎 訳