ページの先頭です。

6つのスキップメニューです。
このページの本文へ
カテゴリメニューへ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
このサイトのご利用について
ホームへ

2010年05月10日 【セミナー・シンポジウム・講座】

国際コンファレンス「Regulation Crossing Borders」を開催いたしました

一橋大学・慶應義塾大学戦略大学連携支援事業では、オックスフォード大学とオーストラリア国立大学のそれぞれのヨーロッパ研究センター、およびEUSI(European Studies Institutes in Tokyo)との共催で、現在EUが直面している経済的・法的・政治的な問題を議論する国際コンファレンスを3月31日(水)に開催いたしました。

当日は、学内外から54名の参加者があり、駐日欧州連合代表部Rudie Filon広報部長の開会の辞に続き、前金融庁長官・佐藤隆文氏(一橋大学大学院商学研究科教授)から基調講演をいただきました。
午後からの第一セッション「Financial and Monetary Aspects」 では、証券取引等監視委員会の木下信行事務局長 、オーストラリア国立大学のJennifer Corbett教授 、一橋大学大学院商学研究科の小川英治教授 による報告が行われました。
続く第二セッション「Law and Political Aspects」では、オックスフォード大学のDimitar Bechev准教授、連携支援事業の佐藤智恵研究員 、オックスフォード大学のHartmut Mayer教授による報告が行われ、会場との間で活発な議論が交わされました。

当日のプログラムは、こちらでご覧頂けます。

各報告者の資料をダウンロードできます。上記の報告者名をクリックして、ご覧ください。

2010.03.31-photo1A.jpg


2010.03.31-photo7B.jpg