ページの先頭です。

6つのスキップメニューです。
このページの本文へ
カテゴリメニューへ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
このサイトのご利用について
ホームへ

2010年06月14日 【セミナー・シンポジウム・講座】

国際シンポジウム「Implications of European Integration for the State and Sovereignty in a Transnational World」(2010年6月26日)のご案内

この度、慶應ジャン・モネEU研究センターは、本事業(一橋大学・慶應義塾大学戦略的大学連携支援事業)との共催で、第4回国際シンポジウム「Implications of European Integration for the State and Sovereignty in a Transnational World」を開催する運びとなりました。
ぜひこの機会にご来場・ご聴講ください。皆様のご参加をお待ちしております。


慶應ジャン・モネEU研究センター主催 第4回国際シンポジウム
"Implications of European Integration
for the State and Sovereignty in a Transnational World"

日時: 2010年6月26日(土) 午後1:00?5:30
場所: 慶應義塾大学三田キャンパス東館8階ホール
     http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html

共催: 一橋大学・慶應義塾大学戦略的大学連携支援事業
使用言語: 英語
参加: 無料

午後1時-1時10分 開会の辞 
  庄司克宏教授(慶應義塾大学法務研究科教授/Jean Monnet Chair/慶應ジャン・モネEU研究センター所長)

午後1時10分-2時10分 セッション1
 「EUのアジア対外関係」
  セバスチャン・ベルシック博士(アイルランド国立大学(コーク))
  司会:田中俊郎教授(慶応義塾大学法学部/Jean Monnet Chair)

午後2時10分-3時10分 セッション2
 「インテル事件判決と支配的地位にある企業の行動に対するEUの新基準」
  シェー・クオリン准教授(世新大学法学部、台湾)
  司会:東史彦(慶應ジャン・モネEU研究センター研究員/立正大学非常勤講師)

午後3時10分-3時25分 ティー・タイム

午後3時25分-4時25分 セッション3
 「変化と日EU関係:経済およびビジネス組織に着目して」
  パトリシア・ネルソン博士(慶應義塾大学法学研究科客員教授)
  司会:明田ゆかり特別研究講師(慶應義塾大学法学研究科)

午後4時25分-5時25分 セッション4
 「アジアの視点からみたEU」
  マーティン・ホランド教授(カンタベリー大学、ニュージーランド)
  司会:田中俊郎教授

午後5時25分-5時30分 閉会の辞
  庄司克宏教授

午後6時- 懇親会
  ※ 懇親会へご出席を希望される方は、下記・担当小山までご連絡下さい。
  contact_oyama.jpg