ページの先頭です。

6つのスキップメニューです。
このページの本文へ
カテゴリメニューへ
グローバルメニューへ
サポートメニューへ
このサイトのご利用について
ホームへ

2010年09月07日 【おしらせ,セミナー・シンポジウム・講座】

EU共同大学院プレセミナー 『EUと連邦主義』を開催いたしました

  2010年7月22日、ノースイースタン・イリノイ大学助教授マーチン・デ・ブライン博士をお迎えして、「EUと連邦主義」についてご報告いただきました。

  連邦主義か、連合主義か。EUの統合において古典的なテーマが現在、再登場しています。EUの統合が進むにつれて、民主主義の赤字がいわれ、市民によるEUに対するコントロールが弱まっているからです。どのように対応すればよいのか。一つの方法は欧州議会の権限を強めるという超国家的な対応ですが、欧州議会には政策形成面で権限が弱いという問題があります。もうひとつは、各国の議会の役割を、補完性の原理に拠って、強化していくという方法です。

  ブライアン先生の報告をめぐり、客員教授や本学教員、大学院生から活発な質問がなされ、有意義な議論の時間をもつことができました。


当日の様子
0722seminar-1.jpg

0722seminar-2.jpg

0722seminar-3.jpg

0722seminar-4.jpg